2020.04.29

おいらせ町「HOMA-SANCTUARYⅡ」laybricks 建築実況

完成

投稿日:2020/07/28

完成しました

完成しました。今回おいらせ町に建築されたlaybricks(レイブリックス)は白を基調とした、タイル張りと白い金属の外壁の調和が高級感を漂わせる外観です。内装も白を基調とした壁紙を多く使用し、16畳の広いLDKには大きな窓から燦燦と太陽の光が降り注ぎ、気持ちのいい空間です。2階にも大きな窓で日当たり良好なフリースペース。お休みの日に家族でくつろぎたくなるスペースです。そして収納力のある3.5畳のファミリークローゼット。物が増えたり減ったりしても家族でスペースをシェアでき、物の大きさにも柔軟に対応できる大きな可動式の棚付き。2階はお子様の成長に合わせて部屋を増やしたり、部屋を大きくしたりと、間取りを自由に変えられるスケルトンインフィル方式。心地よく快適で機能的にも満足のいく住宅が出来ました。


投稿日:2020/07/02

外壁タイル張りが終わりました

玄関正面の外壁はタイル張りです。まず専用の接着剤を塗っていきます。重いタイルでも垂れたり、ズレたりしない超強力な接着剤です。施工時に間違って触ってしまったら大変です。接着剤を塗り終わったら、乾いてしまう前に素早くタイルを張っていきます。白っぽいタイル、黒っぽいタイル2種類あるのですが、配置のバランスは深く考えず、手に取ったものを張っていきます。考えないで張った方がいいバランスになるそうです。縦と横が曲がらないように水糸を頼りに張っていきます。総数3,000枚以上あるので、なかなか根気のいる作業です。お疲れ様でした。同じ模様がどこにもない、高級感のある素敵なタイル張りが完成しました。


投稿日:2020/06/11

外壁張りが終わりました

金属の外壁貼りが終わりました。玄関がある正面はタイル張りですが、それ以外は白い金属の外壁です。全体的に白を基調とした外観になります。この金属の外壁は6mもの長尺物なので、基礎から屋根部分まで縦に1枚で張れるので、継目のない美しい仕上がりになります。しかし施工時には長さ6mもあるので、足場の横から傷をつけないように運ぶだけでも大変です。この日は大工沼沢とフィリピン実習生マヒナイとベトナム実習生タンで3ヶ国のコラボレーションでの作業です。足場3段に分かれて、息を合わせて作業します。言葉もスムーズに通じている感じでいい連携が取れてます。とにかく傷を付けられないので、気を使う作業の連続です。お疲れ様でした。


投稿日:2020/06/03

断熱工事が終わりました

断熱工事が終わりました。当社が採用している断熱材は吹付ウレタンフォームです。ウレタンフォームの原液を発砲機で混合し、壁や天井に直接吹き付けて行きます。するとすぐに膨らんできて発泡スチロールのように固まります。この吹付ウレタンフォームは小さな泡の集合体で、この小さな硬い泡に熱を伝えにくいガスが封じ込められています。室内の暑い寒いなどのストレスが健康に影響すると言われております。夏も冬も快適で体にも優しい室内環境を作ります。この作業は夏場はとくに過酷です。防護服を着用しての作業なので、汗だくになります。この日も晴天の暑い1日だったので、さぞ暑かったことでしょう。お疲れ様でした。


投稿日:2020/05/23

24時間換気システムの設置が終わりました

24時間換気の換気設備の設置が終わりました。換気システムは床下に設置されます。当社の広い床下空間に新鮮な空気が充満され、室内の床に設置された給気口より、新鮮な空気が給気されます。そして床面に溜まりやすいホコリ・花粉・臭気などを巻き上げることなく床面の排気口から廃棄します。コロナウイルスにより換気の重要性が見直されてきている昨今、当社が採用している換気システムは、外からの空気を取り込むときに2層の目の細かいのフィルターで、粒子が非常に小さい花粉やPM2.5などの汚染物質を取り除き、きれいな空気だけを室内に送り込みます。そして1日中きれいな空気が部屋中を巡回するので、健康にも良く、空気汚染からくるシックハウス症候群などの病気にもなりにくくなります。換気システムの詳しい汚染物質除去方法などは下の動画へ

投稿日:2020/05/08

建方が終わりました

建方が終わりました。通常であればクレーンを使用して木材を吊り上げて行いますが、この現場はクレーンを設置するスペースがなく、すべて人力で木材を運び入れ組み上げる手起こし建方です。最も重い梁で50kg以上ありますから、それを何本も運び入れては組んでいくので、人数がいないと大変です。それでも1日で屋根まで組みあがります。それは木材が事前に決められた寸法にプレカットされていて、現場で木材を加工する手間がないことや、木材同士の接合を当社が採用している金物工法によって、早く高精度に接合出来るおかげで、建方が早く出来ます。この日は天気も良く、暖かい1日だったので、作業も順調に進みました。人力での建方お疲れ様でした。


投稿日:2020/04/29

着工しました

着工しました。今度おいらせ町で建築されるlaybricks(レイブリックス)は正面のタイル張りが美しい白を基調とした外観の建物です。重厚感があり、高級ブティックのような雰囲気も醸し出すデザインです。

現場は基礎工事が終わりました。当社の基礎はグリッドポスト基礎工法を採用しています。通常のベタ基礎の内部立上りの代わりにコンクリートのブロックを設置していきます。この工法のおかげで施工性が向上し、工期が短縮でき、コスト削減にもつながります。さらに床下空間が仕切られないため、床下の空気循環性が向上し、当社の全館空調システムの空気の通り道としてはこの広い床下空間が最適です。グリッドポスト基礎工法の特徴をさらに詳しくはこちらへhttp://www.niiyamahouse.com/sanctuary2/performance/earthquake_proof/#bge-anc04