2020.06.17

三沢市「HOMA-SANCTUARYⅡ なごみ」建築実況

建築中

投稿日:2020/08/08

フローリング張りが終わりました

フローリング張りが終わりました。寝室の床にはハードメープルという木の床材が使用されています。ハードメープルはカエデ科の落葉広葉樹で、この幹から出る樹液を加工したものがメープルシロップです。色が白っぽく明るいのが特徴です。さらにハードメープルには、「ハード」と名が付くだけあって、摩擦や衝撃に強いという特徴があり、野球のバットなどにも利用されています。メジャーリーガーのバリー・ボンズが年間73本塁打の新記録を樹立した時のバットもメープル材のバットです。あのメジャーリーガーの剛速球でも簡単に跳ね返してしまうぐらい硬いということですね。そのため、床材として利用した場合も、すり傷や物の落下などによる衝撃には強い素材です。小さい子供がいたりすると、物を落としたり、傷を付けてしまったりと何かと多いので、衝撃に強いのは本当に助かりますね。


投稿日:2020/07/21

基礎の断熱工事が終わりました

断熱材は壁や天井だけではなく、基礎の内側にも施工します。基礎はコンクリート製で非常に熱を伝えやすいため、いくら厚い基礎でも簡単に熱が出入りするので、建物の断熱性能を下げる弱点となります。そこで、基礎断熱によって熱の出入りを防ぎ、建物の断熱性能を向上します。さらに当社の24時間換気システムは空気が室温と近い温度で床下を循環するので、その温度を保つためにも基礎断熱は必要不可欠です。断熱材は吹付ウレタンフォームです。細かいウレタンフォームの粒が飛び散る為、防護服を着ての作業です。夏場は暑くてとても過酷な作業になります。暑い中お疲れ様でした。


投稿日:2020/07/13

建方が終わりました

建方が終わりました。この現場はクレーンを設置する場所がないので、人力で建方を行う、手起こし建方です。人数をかけて1日で屋根まで組み上げます。重い木材をひとつひとつ人力で運び入れ、組み上げて行きます。当社が採用している軸組工法は、昔から広く使われてきた工法です。木材はすでに図面通りの寸法にプレカットされてから現場に搬入されてくるので、現場での木材を加工が必要なく、人力の手起こし建方でも1日で屋根まで組み上げることが出来ます。この日は天気が良く建方日和だったので、作業もはかどって、あっという間に屋根まで組みあがりました。大工のみなさんお疲れ様でした。


投稿日:2020/07/04

着工しました

新たに三沢市で新築工事が着工しました。今回建築する建物プランは和風の「なごみ」です。現場は基礎工事が終わりました。当社の基礎は内部の間仕切をコンクリートブロックを使用する、グリッドポスト基礎工法です。24時間換気の空気の通り道で床下を使用するので、広い床下空間を確保できるグリッドポスト基礎工法が24時間換気と相性が良いのです。もちろん強度もしっかりしていて、施工性も良いので工期も短縮でき、コスト削減にもつながります。この「なごみ」プランは初めての建築となるので、仕上がりが楽しみです。