2019.09.11

東北町「HOMA-SANCTUARYⅡ」第五棟目建築実況

建築中

投稿日:2019/11/22

外壁貼りが始まりました

外壁貼りが始まりました

このヘリテージという建物プランで採用されている外壁は金属の外壁です。表面はツルっとした手触りで、見た目もかっこいいシンプルなブラック。

表面はフッ素樹脂塗装されているので、汚れが付きにくいという特徴があります。また、遮熱性能も兼ねている塗装で、夏の厳しい日射を反射することで、外壁から室内へ伝わる熱を低減します。また15mmという薄さにも関わらず中に断熱材が入っており、外気温の影響を受けにくい室内環境を作ります。それ以外にも耐食性に優れていたり、地震に強いなどさまざまな特性があるので、詳しくはこちらへhttps://www.igkogyo.co.jp/syohin/siding/point.html

 


投稿日:2019/10/31

ベランダの防水工事が終わりました

ベランダの防水工事が終わりました。

ベランダ部は床材に雨水が浸み込み、下の部屋に雨漏りしないために防水工事が必要です。

FRP防水という工法で防水工事を行います。FRP防水は耐熱性・耐食性・耐候性などに優れていて、船などにも使われている工法です。

床材に均一にトップコート塗装して仕上げるため、継目がないきれいな仕上がりになり、優れた防水性を発揮します。


投稿日:2019/10/24

壁・天井の断熱工事が終わりました

壁・天井の断熱工事が終わりました。

断熱材は吹付硬質ウレタンフォームという、固まると発砲スチロールのようなものになる断熱材です。

室内側の壁にウレタンフォームを隙間なく吹き付けていきます。すぐにそれが膨らんで発砲スチロールのように固まっていき、隙間のない断熱層が出来ていきます。このウレタンフォームは外の熱を室内に伝えにくい性能があり、外気温の影響を受けにくい室内環境を作ります。

もちろん屋根にも20cmの厚さで吹き付けていて、屋根からのくる熱を室内に伝えにくくしています。

この作業が終わると室内温度もだいぶ快適になって、大工さんも仕事をしやすくなり、助かります。


投稿日:2019/10/10

外部耐力壁、透湿・防水シート貼りが終わりました

外部耐力壁貼りと透湿・防水シート貼りが終わりました。

建物の外周に耐力壁を貼り、それを覆うように透湿・防水シートを貼っていきます。

耐力壁にプリントしてある通り、地震・台風・火災に強く、耐力壁が家を守ります。

詳しい性能はこちら【耐震性能:耐力壁面材

その耐力壁をさらに覆うように透湿・防水シートを貼っていきます。

名前の通り建物内の湿度は外に逃がしますが、外からの水は通さない、優れた性能のシートです。

それ以外にも外からの熱を反射し、建物の中の熱を逃がさないなど優れた性能がたくさんあるので、詳しくはこちら
【タイベックシルバー:商品公式HP】
https://www.tyvek.co.jp/construction/product/silver/


投稿日:2019/10/02

建方が終わりました

建方が終わりました。

HOMAで採用している金物工法の様子です。

柱と梁などを接続するための金具が事前に木材に埋め込まれていて、その金具で接続していきます。

この工法ですと現場作業が高精度かつ簡単に早く安全に行うことが可能です。

よって工期短縮・コスト削減にもつながります。

ほかにもこの工法のメリットはいっぱあるので、詳しくはこちら
【耐震性能:金物工法】

 


投稿日:2019/09/26

基礎工事が終わりました

基礎工事が終わりました。

HOMAで採用している、耐圧盤式グリッドポスト基礎工法の様子です。

基礎内部の仕切りは、工場で作ったコンクリートのブロックを置いています。

この工法で施工性が向上し、基礎工事にかかる期間が約半分に短縮されます。

よって工期が短くなった分経費も削減でき、お客様にも早くお引渡しできます。

また、基礎内部の仕切りが少ない分、床下空間が広く、床下のメンテナンスも容易になります。

それ以外にも換気性能や空気循環の面でもメリットがあるのですが、長くなりそうなので詳しくはこちらへ
【断熱気密性能:オリジナル空調設備】


投稿日:2019/09/11

着工しました

HOMA五棟目もいよいよ着工いたしました。

当然ながらニイヤマハウスでは着工前に地盤調査を行います。建物の重さに耐えられる安全な地盤かどうかを正確に調べます。

こちらの現場は多少軟弱な層の地盤があるという結果が出たので、地盤のずっと下にある良好な地盤の層に到達するまで、約13mの杭を28本打って、建物が不均等に沈んで傾かないように地盤補強しました。

その地盤の中に打った杭の上に乗るように基礎を施工します。只今、基礎を強固にするための鉄筋の組み立てを行っています。網目のように同じ間隔で組んでいき、この鉄筋はいずれコンクリートの中に隠れてしまい、基礎が完成したら、もう見ることはありません。

この杭と鉄筋は今後隠れて表に出ることはありませんが、まさに縁の下の力持ち達です。